全品送料無料|※北海道・沖縄・離島をのぞく

本田屋本店

本田屋本店

全品送料無料|※北海道・沖縄・離島をのぞく

「山形屋本店」会津手描き絵ろうそく 露草と立葵 20匁(21.5cm)  2本入

「山形屋本店」会津手描き絵ろうそく 露草と立葵 20匁(21.5cm) 2本入

商品コード:4560331949394

7,630 (税込)

0ポイント

商品説明

サイズ:20匁(長さ21.5cm×直径2.8cm)

同じ絵柄の2本セットです。

※10匁以上のろうそくは掲載画像と絵柄が若干変更になります。
予めご了承ください。
※ひとつひとつ職人の手作業で作られておりますので、柄が若干異なります。ご了承ください。
※在庫がない場合、手作りとなりますので発送まで2週間前後お時間をいただく場合がございます

商品詳細

会津伝統の絵ろうそく
山形屋作業風景山形屋作業風景
会津のろうそく作りは、500年の伝統があります。
古くは会津漆器の原料でもあった漆から蝋を作っていましたが、
現在はよりろうそくに向くと言われる櫨(ハゼ)蝋を使っています。
山形屋作業風景
創業240年を超えるろうそく店、山形屋本店では、まき串に和紙を巻きつけるところから始まり、
イグサの髄で芯を作って、液状の蝋に何度も繰り返し潜らせて太くしていきます。
その後もいくつもの手作業の工程を経て、職人がひとつひとつ華やかな絵を施します。
山形屋絵付け
どの工程も少しの加減が完成を左右してしまうので、熟練の技が必要です。
江戸時代は幕府への献上品でもありました。
和ろうそくの炎は大きく明るく、やさしいオレンジ色をしています。
また、芯に串を抜いた跡の空洞があるため、中から空気が入って、洋ろうそくとは違った炎のゆらぎがあるのです。
じっと眺めていると、炎が萎んだり膨らんだり、独特のゆらぎがあるのがわかると思います。

山形屋ろうそく灯火
冬の時期、花のない会津では、仏花の代わりに絵ろうそくを供えていました。
今では冬だけでなく、四季の花をあしらった絵ろうそくを取り揃えております。

火を灯さずにそのままお仏壇に供えれば、お花の代わりに。

特別な日にはぜひ火を灯して、和ろうそくの美しく明るい炎を、
大切な方とともに味わってみてください。

山形屋店舗

この商品についてのレビュー

createレビューを書く

レビューはまだありません

LINE@はじめました!